証明書 翻訳・英訳 | 格安翻訳のトランスゲート

証明書 翻訳・英訳
証明書 翻訳

証明書 翻訳・英訳 ならトランスゲート

国際結婚や海外移住、留学等のために各国のビザや在留資格を取得する場合、あるいは移民申請をする場合、戸籍謄本や住民票その他の証明書類の翻訳(英訳)が求められます。

海外での法人設立や銀行口座開設、労働許可取得等の目的でも様々な証明書類の翻訳が必要となるでしょう。

また、外国人が日本の在留資格を申請する際にも、出生証明書や経歴書等の翻訳(和訳)を提出しなければなりません。

格安翻訳のトランスゲートではこのような証明書翻訳ニーズに迅速丁寧に対応し、一般個人のお客さまの他、各種法人、弁護士、司法書士、行政書士、旅行代理店等の皆さまにもご評価をいただき、繰り返しご利用いただいております。

なお、これまでイギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアなど多くの国の大使館やビザセンターにおいて、私どもが発行した翻訳書類や翻訳証明書の不具合や不適格を理由として申請が却下されたといった問題は一度も生じておりません。

言うまでもありませんが、国際結婚や海外移住はお客さまの人生の一大転機であり、多くの方々のこうした新たな門出やチャレンジにあたりささやかなお手伝いをさせていただくことが私どもの誇りです。

格安翻訳のトランスゲートの「安くてキレイで超早い」をどうぞご利用下さいませ。

証明書 翻訳 安心宣言証明書 翻訳 安心宣言の内容記述
戸籍謄本の翻訳ニーズを全力応援!

翻訳証明書の発行

格安翻訳のトランスゲートが発行する翻訳証明書には、各国の大使館、ビザセンター、その他公的機関や金融機関で認められた確かな実績があります。

翻訳証明書には、レターヘッド、英語宣誓文、翻訳日、翻訳者名、署名、英語の証明印が入ります。
(英文証明書和訳の場合は正しい翻訳である旨の記載、翻訳日、翻訳者名、捺印が入ります。)

翻訳証明書の発行料1300円(税込)には、国内速達(レターパックライト)送料を含みます。
(海外発送が必要な場合は国際送料・手数料として1700円を別途申し受けます。)

(※ 翻訳証明書を無料で発行、郵送するという翻訳業者もありますが、その場合、これらのコストは翻訳料に当然に含まれていることになります。格安翻訳のトランスゲートでは、翻訳証明書を必要とされないお客さまもいらっしゃることから、翻訳料と翻訳証明料は分けてご提示しております。合算後のお見積もり金額と翻訳サービス品質においてご評価を賜りますようお願いいたします。)

また、発行部数は通常同一証明書の翻訳につき一通ですが、『必要に応じ一度に各三部まで』は追加料金なしでお作りしております。また、過去に翻訳した戸籍謄本などの翻訳書類が再度追加で必要になった場合、発行番号や発行日のみの修正であれば新たに翻訳料を申し受けることはございません。翻訳証明書の発行手数料のみで翻訳書類を再発行いたします。

なお、翻訳証明書は、原則として、戸籍謄本、住民票など、それぞれの証明書(または筆頭者)ごとにお付けしております。但し、給与明細書6ヶ月分といった、連続性のある証明書類に対しては翻訳証明書を1件にまとめます。また、公証人による公証取付を承る場合は、高額な公証実費費用が翻訳証明書の件数分発生することを避けるために便宜上翻訳証明書を1件にまとめますが、本来の件数分の翻訳証明書発行手数料をお見積もり時に加算する場合がございますので、ご理解とご了承を賜りますようお願い申し上げます。

証明書 翻訳・英訳の基本料金表

証明書関係の翻訳料金は、戸籍謄本住民票 など各種別カテゴリーページの記載をご参照下さい。
(下部に各カテゴリーページへのメニューがあります。)

ご利用ありがとうございました♪